TOP 施設概要 ご利用について お申し込み ご利用料金 行 事
個人情報保護方針
平成30年4月1日現在
社会福祉法人周山会なごみ苑【ご利用料金】

(1) @ 基本料金 (1日あたりの自己負担分)
施設利用料
(介護保険制度では、要介護認定による要介護の程度によって利用料が異なります。また、サービス費の負担割合は介護保険負担割合証の割合によって異なります。)
項目 要介護度数 単位
介護保健施設
サービス費(T)
基本型
個室
(一)―(@)
要介護1  698単位 
要介護2 743単位 
要介護3 804単位 
要介護4 856単位 
要介護5 907単位 
基本型
多床室
(三)―(B)
要介護1 771単位 
要介護2 819単位 
要介護3 880単位 
要介護4 931単位 
要介護5 984単位 
在宅強化型
個室
(二)―(A)
要介護1 739単位 
要介護2 810単位 
要介護3 872単位 
要介護4 928単位 
要介護5 983単位 
在宅強化型
多床室
(四)―(C)
要介護1 818単位 
要介護2 892単位 
要介護3 954単位 
要介護4 1,010単位 
要介護5 1,065単位 


A 加算料金 ※原則として1日につき算定
項目 単位
 夜勤職員配置加算 24単位 
 短期集中リハビリテーション実施加算 240単位 
 認知症短期集中リハビリテーション実施加算 240単位 
 認知症ケア加算 76単位 
 若年性認知症入所者受入加算 120単位 
 外泊時費用 362単位 
 外泊時費用(在宅サービスを利用する場合) 800単位 
 ターミナルケア加算  死亡日以前4日以上30日以下 160単位 
 死亡日の前日及び前々日 820単位 
 死亡日 1,650単位 
 初期加算 30単位 
  再入所時栄養連携加算(1人につき1回限度) 400単位 
 入所前後訪問指導加算(T) ※1回につき 450単位 
 入所前後訪問指導加算(U) ※1回につき 480単位 
  試行的退所時指導加算 400単位 
  退所時情報提供加算 500単位 
 退所前連携加算 500単位 
 老人訪問看護指示加算 300単位 
 栄養マネジメント加算 14単位 
  低栄養リスク改善加算 300単位 
 経口移行加算 28単位 
 経口維持加算(T) ※1月につき 400単位 
 経口維持加算(U) ※1月につき 100単位 
 口腔衛生管理体制加算 ※1月につき 30単位 
 口腔衛生管理加算 90単位 
 療養食加算(1食) 6単位 
  かかりつけ医連携薬剤調整加算 125単位 
 在宅復帰支援機能加算(T) 34単位 
 在宅復帰支援機能加算(U) 46単位 
 緊急時施設療養費(緊急時治療管理) 511単位 
 所定疾患施設療養費(T) 235単位 
 所定疾患施設療養費(U) 475単位 
 認知症専門ケア加算(T) 3単位 
 認知症専門ケア加算(U) 4単位 
 認知症行動・心理症状緊急対応加算 200単位 
 認知症情報提供加算 350単位 
 地域連携診療計画情報提供加算 300単位 
  褥瘡マネジメント加算
    (イ(1)ロ(1)を算定する場合のみ) 3月につき
10単位 
  排せつ支援加算 100単位 
 サービス提供体制強化加算(T)イ 18単位 
 サービス提供体制強化加算(T)ロ 12単位 
 サービス提供体制強化加算(U) 6単位 
 サービス提供体制強化加算(V) 6単位 


B 介護職員処遇改善加算
 介護職員処遇改善加算として、基本料金とその他の加算金額の合計に3.9%乗じた額をご負担いただきます。



(2)その他の料金
@
食費 (1日当たり) 1,760円 
(ただし、食費について負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載されている食費の負担限度額が1日にお支払いいただく食費の上限となります。)


A 居住費(療養室の利用費)(1日当たり)
従来型個室 1,320円 
多床室 370円 
(ただし、居住費について負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載されている居住費の負担限度額が1日にお支払いいただく居住費の上限となります。)

*上記@「食費」及びA「居住費」において、国が定める負担限度額段階(第1段階から3段階まで)の利用者の自己負担額については、別途資料(利用者負担説明書)をご覧下さい。


B 委託サービス料金
理美容代  実費(組合委託価格になります)
洗濯料 実費(組合委託価格になります)


C その他
日用品費 (1日当たり)  100円   
教養娯楽費 実費相当額   
インフルエンザ予防接種 市町村補助指定金額  1回につき 
電気料 (1日当たり) 20円  電化製品1点につき 
その他のサービスをご希望の方はご相談に応じます。



(3)支払い方法

・毎月25日までに前月分の請求書を発行しますので、その月の末日二日前までに口座にご入金願います。お支払いいただきますと領収書を発行いたします。

・お支払い方法は、金融機関口座自動引き落としとなります。








短期入所療養介護(ショートステイ)

(1)短期入所療養介護の基本料金
@ 施設利用料 (1日あたりの自己負担分)
(介護保険制度では、要介護認定による要介護の程度によって利用料が異なります。また、サービス費の負担割合は介護保険負担割合証の割合によって異なります。)
項目 要介護度数 単位
介護保健施設
短期入所療養
介護費(T)
従来型個室
基本型
(a ―@)
要介護1 753単位 
要介護2 798単位 
要介護3 859単位 
要介護4 911単位 
要介護5 962単位 
多床室
基本型
(c ―B)
要介護1 826単位 
要介護2 874単位 
要介護3 935単位 
要介護4 986単位 
要介護5 1,039単位 
従来型個室
在宅強化型
(b ―A)
要介護1 794単位 
要介護2 865単位 
要介護3 927単位 
要介護4 983単位 
要介護5 1,038単位 
多床室
在宅強化型
(d ―C)
要介護1 873単位 
要介護2 947単位 
要介護3 1,009単位 
要介護4 1,065単位 
要介護5 1,120単位 


A 加算料金 ※原則として1日につき算定
項目 単位
 夜勤職員配置加算 24単位 
 個別リハビリテーション実施加算 240単位 
 認知症ケア加算 76単位 
 認知症行動・心理症状緊急対応加算 (7日間限度) 200単位 
  認知症専門ケア加算T 3単位 
  認知症専門ケア加算U 4単位 
 緊急短期入所受入加算 (7日間限度) 90単位 
 若年性認知症受入加算 120単位 
 重度療養管理加算 120単位 
  在宅復帰・在宅療養支援機能加算(T) 34単位 
  在宅復帰・在宅療養支援機能加算(U) 46単位 
 送迎加算 片道につき送迎を行う場合 184単位 
 療養食加算(1食) 8単位 
 緊急時施設療養費(緊急時治療管理) 511単位 
 サービス提供体制強化加算(T)イ 18単位 
 サービス提供体制強化加算(T)ロ 12単位 
 サービス提供体制強化加算(U) 6単位 
 サービス提供体制強化加算(V) 6単位 


B 介護職員処遇改善加算として、上記施設利用料、その他加算の合計金額に3.9%乗じた金額をご負担いただきます。



(2)介護予防短期入所療養介護の基本料金
@ 施設利用料 (1日あたりの自己負担分)
(要介護認定による要支援の程度によって利用料が異なります。また、サービス費の負担割合は介護保険負担割合証の割合によって異なります。)
項目 要介護度数 単位
介護保健施設
予防短期入所療
養介護費(T)

従来型個室
基本型
(a ―@)

要支援1 578単位 
要支援2 719単位 

多床室
基本型
(c ―B)

要支援1 611単位 
要支援2 765単位 

従来型個室
在宅強化型
(b ―A)

要支援1 619単位 
要支援2 759単位 

多床室
在宅強化型
(d ―C)

要支援1 658単位 
要支援2 813単位 


A 加算料金 ※原則として1日につき算定
項目 単位
 夜勤職員配置加算 24単位 
 個別リハビリテーション実施加算 240単位 
 認知症行動・心理症状緊急対応加算 (7日間限度) 200単位 
 若年性認知症受入加算 120単位 
 送迎加算 片道につき送迎を行う場合 184単位 
  在宅復帰・在宅療養支援機能加算(T) 34単位 
  在宅復帰・在宅療養支援機能加算(U) 46単位 
 療養食加算(1食) 8単位 
 緊急時施設療養費(緊急時治療管理) 511単位 
 サービス提供体制強化加算(T)イ 18単位 
 サービス提供体制強化加算(T)ロ 12単位 
 サービス提供体制強化加算(U) 6単位 
 サービス提供体制強化加算(V) 6単位 


B 介護職員処遇改善加算として、上記施設利用料、その他加算の合計金額に3.9%乗じた金額をご負担いただきます。



(3)その他の料金
@
食費 (1日当たり) 1,760円  朝食 400円  昼食 700円  夕食 660円
(ただし、食費について負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載されている食費の負担限度額が1日にお支払いいただく食費の上限となります。)


A 滞在費(療養室の利用費)(1日当たり)
従来型個室 1,320円 
多床室 370円 
(ただし、滞在費について負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載されている滞在費の負担限度額が1日にお支払いいただく滞在費の上限となります。)

*上記@「食費」及びA「滞在費」において、国が定める負担限度額段階(第1段階から3段階まで)の利用者の自己負担額については、別添資料(利用者負担説明書)をご覧ください。


B その他
日用品費 (1日当たり)  100円   
教養娯楽費 実費相当額   
電気料 (1日当たり) 20円  電化製品1点につき 
その他のサービスをご希望の方はご相談に応じます。



(4)支払い方法


・毎月25日までに前月分の請求書を発行しますので、その月の末日二日前までに口座にご入金願います。お支払いいただきますと領収書を発行いたします。

・お支払い方法は、金融機関口座自動引き落としとなります。








通所リハビリテーション(デイ・ケア)

(1)通所リハビリテーションの基本料金
@ 施設利用料 (1日あたりの自己負担分)
(介護保険制度では要介護認定による要介護の程度および利用時間によって利用料が異なります。 また、サービス費の負担割合は介護保険負担割合証の割合によって異なります。)
項目 要介護度数 単位
通常規模型
通所リハビリテーション費
1時間以上
2時間未満
要介護1 329単位 
要介護2 358単位 
要介護3 388単位 
要介護4 417単位 
要介護5 448単位 
2時間以上
3時間未満
要介護1 343単位 
要介護2 398単位 
要介護3 455単位 
要介護4 510単位 
要介護5 566単位 
3時間以上
4時間未満
要介護1 444単位 
要介護2 520単位 
要介護3 596単位 
要介護4 693単位 
要介護5 789単位 
4時間以上
5時間未満
要介護1 508単位 
要介護2 595単位 
要介護3 681単位 
要介護4 791単位 
要介護5 900単位 
5時間以上
6時間未満
要介護1 576単位 
要介護2 688単位 
要介護3 799単位 
要介護4 930単位 
要介護5 1,060単位 
6時間以上
7時間未満
要介護1 667単位 
要介護2 797単位 
要介護3 924単位 
要介護4 1,076単位 
要介護5 1,225単位 
7時間以上
8時間未満
要介護1 712単位 
要介護2 849単位 
要介護3 988単位 
要介護4 1,151単位 
要介護5 1,310単位 


A 加算料金 ※原則として1日につき算定
項目 単位
 リハビリテーション提供体制加算  3時間以上4時間未満 12単位 
                        4時間以上5時間未満 16単位 
                        5時間以上6時間未満 20単位 
                        6時間以上7時間未満 24単位 
                        7時間以上 28単位 
  入浴介助加算 50単位 
 リハビリテーションマネジメント加算T 330単位 
 リハビリテーションマネジメント加算U 6月以内 850単位 
 リハビリテーションマネジメント加算U 6月以降 530単位 
  リハビリテーションマネジメント加算V 6月以内 1,120単位 
  リハビリテーションマネジメント加算V 6月以降 800単位 
  リハビリテーションマネジメント加算W 6月以内 1,220単位 
  リハビリテーションマネジメント加算W 6月以降 900単位 
 短期集中個別リハビリテーション実施加算 110単位 
 認知症短期集中リハビリテーション実施加算(T) 240単位 
 認知症短期集中リハビリテーション実施加算(U) ※1月につき 1,920単位 
 生活行為向上リハビリテーション実施加算
                 3月以内 1月につき
2,000単位 
 生活行為向上リハビリテーション実施加算
                 3月超6月以内 1月につき
1,000単位 
 生活行為向上リハビリテーション実施を継続した場合  15/100減算 
 若年性認知症受入加算 60単位 
 栄養改善加算 150単位 
  栄養スクリーニング加算 5単位 
 口腔機能向上加算 150単位 
 中重度者ケア体制加算 20単位 
 重度療養管理加算  100単位 
 栄養改善加算 150単位 
  事業所と同一建物に居住する者若しくは同一建物から利用する者に通所リハビリテーションを行う場合又は事業所が送迎を行っていない場合 94単位減算 
 送迎を行わなかった場合(片道) 47単位減算 
 社会参加支援加算 12単位 
 サービス提供体制強化加算(T)イ 18単位 
 サービス提供体制強化加算(T)ロ 12単位 
 サービス提供体制強化加算(U) 6単位 


B 介護職員処遇改善加算として上記施設利用料、その他加算金額の合計額に4.7%を乗じた金額をご負担いただきます。



(2)介護予防通所リハビリテーションの基本料金
@ 施設利用料 (1月あたりの自己負担分)
(要介護認定による要支援の程度によって利用料が異なります。また、サービス費の負担割合は介護保険負担割合証の割合によって異なります。)
項目 要介護度数 単位
介護予防通所リハビリテーション費 要支援1 1,712単位 
要支援2 3,615単位 


A 加算料金 ※原則として1月につき算定
項目 単位
 リハビリテーションマネジメント加算 330単位 
  生活行為向上リハビリテーション実施加算
                 3月以内 1月につき
900単位 
  生活行為向上リハビリテーション実施加算
                 3月超6月以内 1月につき
450単位 
  生活行為向上リハビリテーションの実施後にリハビリテーションを継続した場合の減算 所定単位数の85%を減算 
  若年性認知症利用者受入加算 240単位 
  運動機能向上加算 225単位 
 口腔機能向上加算 150単位 
 栄養改善加算 150単位 
  栄養スクリーニング加算 5単位 
 複数サービス実施加算(T) 480単位 
 複数サービス実施加算(U) 700単位 
 事業所評価加算 120単位 
 サービス提供体制強化加算(T)イ  要支援1 72単位 
 サービス提供体制強化加算(T)イ  要支援2 144単位 
 サービス提供体制強化加算(T)ロ  要支援1 48単位 
 サービス提供体制強化加算(T)ロ  要支援2 96単位 
 サービス提供体制強化加算(U)    要支援1 24単位 
 サービス提供体制強化加算(U)    要支援2 48単位 


B 介護職員処遇改善加算として上記施設利用料、その他加算金額の合計額に4.7%を乗じた金額をご負担いただきます。



(3)その他の料金
@
食費  昼食(おやつ代込み) (1日当たり) 700円 
※(介護予防)通所リハビリテーション利用時間帯によっては、食事の提供ができないことがあります。

A
日用品費 (1日当たり) 100円 
教養娯楽費 実費相当額 
B



(4)支払い方法

・当施設は、利用者および保証人が指定する送付先に対し、毎月25日までに、前月分の請求書を発行しますので、その月の末日二日前までに当苑指定の金融機関口座にご入金願います。




指定居宅介護支援事業所
なごみいきいきセンター
グループホーム
粋交舎滑川
生活支援ハウス
なじみ
デイサービス
滑川倶楽部


TOPへ戻る

社会福祉法人周山会なごみ苑
〒936-0883 滑川市野町1686
TEL 076-475-8888
FAX 076-475-9128
Email info@nagomien.or.jp